2008年05月09日

代替施設での部屋割り最終案について

先日、5月8日に代替施設での部室の割り振りについて対策会議が行われました。

個室を希望するサークルを対象に、本日現地の下見を行い、異論が出なかったため、学生側の最終案として決定しました。

部室の配置について
1F提出.png
2F提出.png
当初の案からの大きな変更点としては"216"が音楽練習の機材を運び出す上での利便を考えて、二階から一階に移動しました。会議では101、103の隣を提案しましたが、持ち帰って検討したところ、ロビーの見通しを確保したいため、窓際に移すこととしました。その場合でも、コンセントを確保できるように努力はしたいと思います。

また、216が一階に移ったため、ロビーの面積が減少しましたが、ロビーとして、必要な面積は確保できていると考えています。

その他、部室の配置の変更はありません。

施錠できる部屋の割り振りについて

以下の通りです。

ファーストフード:写真文化会(理由:暗室を設置するため)
休憩室・更衣室:音楽部管弦楽団、吹奏楽部、フォイヤーベルク管弦楽団、フィルハーモニー(楽器保管のため)
倉庫:鉄道研究会、表千家茶道部(貴重品を保管するため)
冷凍室:地文研究会(高価な資材を保管するため)
冷蔵室、パンコーナー:学生自治会(個人情報などを保管するため)
食券売場:学生会館運営委員会(鍵の貸出など、業務を行なうため)

以上のように決定しました。
posted by 学生会館委員会 at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/14776500

この記事へのトラックバック