2008年05月05日

代替施設の部屋割り案の告知と第4回対策会議のお知らせ

 学生会館委員会の松田です。連休の初日には更新しようと思っていましたが、サーバーが障害で落ちていたため、更新が遅くなり、ご迷惑をおかけしました。

【告知】以下に説明する代替施設の部屋割り案について、最終案の検討・決議するために、来る5月8日18時より、一号館2階の164教室に於いて第4回学館改修対策会議を行います。学生会館本館に部室を持つサークルは必ず出席して下さい。出席しない場合、代替施設での部室の場所や施設についての希望は反映されません。それでも出席できない場合は、必ず以下の内容をよく読み、学友会もしくは、学生会館委員会まで、割り振り案で変更して欲しい箇所や、特に必要となる設備についての希望を文書ないしメールで提出して下さい。(学生会館委員会に提出する場合は、文書に限らせていただきます)

 学友会の代替施設の部屋割り担当の方から、4月27日に部屋割り案が届けられました。5月2日に提示された案を元に、旧生協食堂(=代替施設)を点検し、検討した結果、大筋で学友会の案で問題ないだろうと結論に至ったので、以下に部屋割り案を掲示します。
1F.jpg
2F.jpg

 また、学友会からの報告書をもとに、若干加筆修正して、部屋割りの方針について掲載します。

一、部屋割りの方針

部室の配置を完全に現状維持とすることを方針とした。具体的には、個室・相部屋の別、相部屋サークルの組み合わせおよび部室面積を変更せずに、割り振り草案を作成した。

・音練倉庫はオーケストラ(管弦楽団)に部室として割り振られているが、とりあえずは倉庫とみなし、保留した。

“201A”は地図では壁があるようだが、現地に行くと壁は取り外されており、割り当て可能であることが分かった。

二、各サークルの希望

 学生会館の改修に関するアンケートより、部室割り当て草案の変更を検討するに当たり有用と思われる情報を集めた。今回の草案では、部室の配置を完全に現状維持することを方針としているので、個室化や部室拡大の要求はとりいれていない。

“214”から“301”は工事対象である現在のラウンジの上に位置していたため、工事対象の区画(斜線部)をなくし、全体的に左にずらした。どの程度左にずらすべきであるかは、まだ工事のデータがないため不明。(加筆:1.5m程度ではないかとの回答を施設課から受けています。その場合、"213"、"215"への通路が狭くなることもあり得るので、場合によっては、216の部室の形の変更が必要になるかも知れません。)

“304B”から“316A”にかけての部室の図が寸法と一致していないことがわかったため、27平米の部屋までの距離が約16.5mという実測値をもとに316A、308A、314Aの部屋の形状を変えた。実際に27平米の部屋も、縦幅は便宜上8mとしたものの、縦幅、横幅ともに真の値は不明であり、このあたりに草案で示したような一連の部屋をつくりだすことは可能ではあるが、現地で測定しつつ部屋の形状を考えていく必要がある。また、他にもこのように図と寸法が対応していない場所が存在する可能性は多分にあり、図に示した値は必ずしも正確ではない。

学生会館事務室と自治会室の場所を記載した。ただし、学生会館の同意は得たが、自治会室は未定であり、ファーストフード、休憩室、更衣室のあたりがよいのではないかということを示すものである。



さらに、学生会館委員会で改めて旧生協食堂を調査し、判明した問題点、報告を以下に挙げます。
・コンセントについて

 2階のコンセントの場所について、調査したところ、302Aから、314Bと通路を分けている直線上にある柱(小さく〇が書いてあるのが柱です)に一つずつあるので、302Bから314Bはコンセントの確保は容易と考えられます。他にコンセントがあるのは、315に4つ、 305付近の壁、201A、211、213、316Aに各一つずつ存在します。厨房にコンセントが多く存在するので、厨房に近い部室は、壁に小さく穴を開けて、延長コードで引っ張ってくるなどで確保することもできます。窓側の部室は315以外は延長コードなどで引っ張ってくるほかありませんが、蛸足配線になるのを防ぐため、302Aから314Bにある柱のコンセントから引っ張ってくる部室を作る方がよいでしょう。
 結論を言うと、工夫次第で、2階の全ての部室に電源を用意することも可能だろうと考えています。

 一階についてですが、食堂エリアは、研究資料が保管されていて立ち入ることが出来ないため、今回は詳細なコンセントの配置の調査を行うことができませんでした。立ち入ることの出来るエリアのコンセントは、下膳室の壁と、厨房エリアの学生会館側に数箇所、食券売り場に4個確認できましたが、それ以外は不明です。場合によってはコンセントがない部室も出ることは考えられます。コンセントは基本的に全ての部室に設置できるように施設課に4月末までに要請しましたが、今のところ返答はありません。


・ロビーについて

 ロビーの面積は、通路と一体になっている箇所もあるので、概算ですが、150〜160uあり、印刷関連機器が全てキャンプラに移転することを考えると、ロビーとして必要なスペースが確保できたと考えています。ただし、キャンプラのロビー機能はゲスプリとコピー機が設置されるため、完全に消滅する見込みです。


・2階の雨漏りについて
雨漏りが計3箇所確認されています。場所は315の真上、201A付近の通路の上、302Aの上付近です。これらについても、簡易な修理を学部に求める必要があります。雨漏りする場所を避けて部屋を割るのは、難しいと考えています。


・トイレ
 主に使うことになるのは、2階から降りる階段の下にあるトイレ(一階ファーストフード付近)になると思います。ただし、これも現在は配管のつまりのため使用できないので、修理を依頼する必要があります。


・厨房エリアの利用方法
 厨房エリアは学部側から、立て看板などを保管する倉庫スペースとして利用することを勧められました。学生会館委員会としても、今のところは、倉庫スペースとして利用したいと考えています。音楽練習できるスペースにして欲しいという要望は必ず出てくると予想していますが、厨房と食堂エリアをつなぐカウンターを防音シートで覆っても防音効果がどれだけ期待できるか未知数であることや、少なくとも厨房エリアには音が響き渡るので、音だしには基本的に不向きなスペースであることから、難しいのではないかと思います。
 使い勝手の問題から、なんらかの間仕切りは設けたいと考えています。


・施錠の出来る個室について
 高額な備品を保管するために、確実に施錠できる個室を求める要望がいくつかのサークルから出されています。全ての要望に答えられるかどうかは、不透明な状況で、必要性の高いサークルから順に割り振ることになります。個室をどのサークルに割り振るかは、会議の重要な議題になると予想されますので、希望するサークルは必ず出席して下さい。(今日の夜には、再調査の上個室の詳細な情報を上げるつもりですので、施錠のできる個室を希望するサークルはブログを明日もう一度チェックして下さい。)


かなり長くなりましたが、以上です。対策会議も基本的に上記と同じ内容のレジェメに沿って行うと思います。この案の改善点や、希望について、サークル内でよく検討してから会議に臨んでください。
posted by 学生会館委員会 at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/14658162

この記事へのトラックバック